世界を旅してまわる東京OLのブログ。

死海で女性自身を読む宣言して世界をまわる、旅の記録です。

【インド】デリーに到着、カシミール地方に行くかどうか迷う編

f:id:magicalmysterytour2019:20190919163521j:plain


タージマハルを拝み、次はインドが首都デリーへやってきました。
アグラからは電車で3時間ほどで移動ができます。結構近いね!

デリーに到着後は、この街で有名な安宿街「パハールガンジ」へ向かって参ります。
世界中のバックパッカーたちがこの安宿街に集まり、多くの人々でにぎわっております。

f:id:magicalmysterytour2019:20190919164034j:plain


はてしない。超暑い。季節は夏?気温は4月の中旬、気温は35〜40度ほど。いや、もっと暑かったかも。あまりに暑すぎて、ぼんやりとしか覚えていないです。。。

デリーでは、コルカタで出来た友達に会おうとしていたのだけれど、結局会えず。なんだか悶々と鬱々とした気持ち。

アスファルトが歪んで見えるようなそれはそれは暑いある日、荒んだ気持ちでパハールガンジを歩いていると、スキンヘッドのおじさんが「カシミールツアーへ行かないか?」と声をかけてきた。超絶怪しいぞ、おじさん。。。

詳細は旅行代理店でお茶でも飲みながら!!是非!!!!!と押しがめちゃくちゃ強かったので、勢いに負けて代理店に行って話を聞いてみることに。

代理店には、いままでツアーに参加した外国人のお客さんから寄せられた絵はがきなどがたくさん飾ってあり、素敵な感じ。「へ〜、結構いいじゃん!」と目を通してみる。

カシミール地方ってこんなところ。後から実際に撮った写真。

 

f:id:magicalmysterytour2019:20190919172642j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190919173239j:plain



店内に飾ってある、カシミールの和やかな写真も魅力的でした。水上ホテルのようなハウスボートも素敵。

「交通費、1ヶ月滞在・3食の食事と宿つき、もちろんチャイも飲み放題で80000ルピーだよ〜〜!!破格だよ〜〜〜!」とスキンヘッドのおじさん。

80000ルピー?約15万円?高すぎじゃね?

「カシミール行ってみたいけど、ちょっと高すぎ。安くしてくれるなら考えるけどね。。。」と日本人女子。

以下、スキンヘッドのおじさん→ス、日本人女子→日。

ス「それなら77000ルピーでどうだ!」
日「たかすぎ。」
ス「75000ルピー!!」
日「たかすぎ。」
ス「それなら本当に破格で71000ルピー!」
日「たかすぎ。」
ス「本当にラストプライス、69000ルピー!」
日「うーん。高いなあ。」
ス「君は、このツアー乗っかる気あるの?」
日「もう少し安ければね…」
ス「それなら、65000ルピー!もう下がらないよ」
日「うーん。惜しいなあ…60000ルピーだったら行くかも」
ス「じゃあもうわかったよ、60000ルピーで良いよ(半ギレ)」

もしかしたら、60000ルピーでもぼったくられているのかも?しれないけど
交通費込みで1ヶ月3食と宿がついてチャイもついて、約10万円なのであれば、結構いいかもと思ったのでした。

やさぐれた心にオアシスがほしかった。行くことにしよう。

*2019年9月現在は、カシミール地方は情勢がとても不安定で、外務省の出す渡航危険レベルが非常に高くなっているようです。渡航は情勢が落ち着くまで延期されることをおすすめします…

次に続きます。

【インド】タージマハルの入場料金えげつない編

f:id:magicalmysterytour2019:20190908214710j:plain


のびきっていたバラナシでの滞在でございましたが、バラナシよりさらに西へ行ったところに、世界遺産タージマハルで有名な【アグラ】という街があります。

タージマハルといえば、みなさま世界史の授業で必ず耳にするであろう、いまから400年程前にインドの昔の帝国、ムガル帝国の王様シャー・ジャハーンさんが愛する奥様のために作ったお墓でございます。

左右シンメトリーでそれはそれは美しい大理石の霊廟なのですが、これが完成するのに22年かかり、その費用のために国が財政破綻しそうになったんだとか…

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

夕焼けに染まるガンジス川に別れを告げて、アグラへ向かう列車にのります。アグラまでの乗車時間は約12時間ほど。翌日の早朝にはアグラに到着予定です。

深夜、寝台列車にある小窓から満天にかがやく星空をみて、わくわくする気持ちを抑えながらウトウトします。

ついた!!

f:id:magicalmysterytour2019:20190908214155j:plain


トゥクトゥクにのって、地球の歩き方に乗っていた宿を探します。その途中、朝のもやの向こうにタージマハルが幻想的にぼんわりと見えたのです。アラジンの世界みたい。

下の写真、少し分かりにくいかもですが、中央から少し右の位置にぼんやりタージマハルが写っています。

f:id:magicalmysterytour2019:20190908214305j:plain



途中ラクダさんが道路を歩いていてびっくりしたでござる。

f:id:magicalmysterytour2019:20190908214400j:plain


トゥクトゥクのおじさんがぼったくってこようとするので、いやーもう勘弁してよ。。。。。。

ひとまず宿について、チェックイン。早速ベッドに身を放り投げて、気がついたら2時間程寝ておりました。顔をばしゃばしゃ洗って、屋上にあるカフェでラッシーをいただきます。良い眺め!あんどラッシーうま!

f:id:magicalmysterytour2019:20190908214459j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190909173845j:plain



それでは…タージマハルに行ってみよう!!!

宿から歩いて10分くらいでタージマハルに着けます。タージマハル周辺は観光地になっていて、お土産屋さんや屋台などでにぎわっています。

タージマハルに到着すると入場料金について看板があり、そこに書かれていること。

【タージマハルの入場料金】

インド人:20ルピー(約36円)
外国人:750ルピー(約1350円)

 

えっ(笑)

 

外国人料金=インド人料金の37.5倍。

 

そうですか…まあオフィシャルにそういうことになってるなら仕方ないですね…いや、37.5倍はすごいっすね(苦笑)わたしのアグラでの宿代2日分くらいですね…ははは…

f:id:magicalmysterytour2019:20190909175812j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190908214710j:plain


場内はすでに観光客でいっぱい!それにしても本当綺麗なお墓です。これだけ美しいと世界遺産にもなるよね。

内部にも入り見学することが出来たのですが、写真は撮っていないです。

f:id:magicalmysterytour2019:20190909175232j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190909175927j:plain


その光景に恍惚としていた最中。

タージマハル内で写真を撮ってあげるよと声をかけてきた近所の写真屋さんインド人がいて、なんか本格的な写真を1枚100ルピーで現像してくれるとか言うから、写真屋さんに一緒に行ったら、急にインドの【カジュラホ】の写真を見せながらその話をしだして、【きみはどんなことがしたい?ニタァ】とか言ってきたから、気持ち悪くてゾゾゾゾゾッッてなってお店を出ました。セクハラも良いところよ、っんとに。

*カジュラホについてはgoogleで検索してみてくださいな。

まったくもう。インディア。

ひとまずここで一旦きります、次の記事につづきます!

【インド】バラナシでもぬけの殻になる編

f:id:magicalmysterytour2019:20190907084627j:plain


インド、バラナシにおります。壮大な聖河を目の前にして、ただただ、もぬけの殻状態で毎日過ごしております。

ここにおりますと、だいたいすべてのことは、どうでもよくなります。


ですので、毎日の現実生活に疲れていたり、ひどく何かに悩んでいたり、人生に息詰まってしまったりしている場合は、この地バラナシを訪れてみるといいかもしれません。

バラナシの街の様子をお伝えしますぞ。

バラナシにはいろんな動物たちがいて、面白い。特に多いのがヤギさんとウシさんですね。見慣れた野ヤギさんのいる光景。

f:id:magicalmysterytour2019:20190907084606j:plain


ときどき人なつっこいかわいいヤギさんもおりまする。よしよし。

f:id:magicalmysterytour2019:20190907084532j:plain


あと、ウシさん。めっさお店の中みてるんだけどさ。じわじわくる。

f:id:magicalmysterytour2019:20190907084815j:plain


そしてバラナシは世界中からバックパッカーが集まる場所だから、スーパーインターナショナルな土地なのであります。そしてそれ故このような看板が立ちます。

f:id:magicalmysterytour2019:20190907084627j:plain


なんかちがくね?

あとはあとは、バラナシには美味しいラッシー屋さんがありまして、(2019年の今もあるのかは謎でありますが…)バラナシ滞在中は何度か足を運びました。これ超絶品!!写真に写ってるお兄さん(後ろ姿)がマジウマなラッシーを作ってくれます。

f:id:magicalmysterytour2019:20190907084757j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190907084644j:plain



あとはなんと言っても、やっぱりガンジス川だよね。朝焼けが川に反射してとても美しい。

 

f:id:magicalmysterytour2019:20190907090808j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190907090855j:plain


ここで人生の最後を迎えるヒンズー教の人たちがたくさんいて、ガンジス川のほとりでは毎日ひっきりなしに火葬が行われています。

火葬といっても、木箱のようなものに遺体が納められ、箱ごと燃やすというもの。それも人が行き交う普通の土手道のようなところで。足が箱に収まりきらずはみ出したりしている(最初見たときはかなり衝撃的な光景だった)。その灰をガンジス川に流す。子供の場合は焼かれることはなく、そのまま川に流される。

そのときそれらを見て感じたことは、到底言葉で表されるようなものではないのだけど、「生」のあり方のようなもの、今まで日本で生きていて感じていたそれとは全然違うものとして感じられて。


そして改めて、遺灰や屍骸、工業排水、下水、生活排水、電化製品、食べ物、云々カンヌンの森羅万象この世にあるすべてのものが流れているガンジス川で沐浴をするインド人を見て、地球上で最後の最後まで生き残る人たちはやはりインド人なのかもしれない。と思う。

*とある外国人が肩まで沐浴して、原因不明の高熱に冒され、命を落としたケースがあるらしい。

 

ああ、インディア。

次の記事につづきます。

【インド】バラナシで出会う人たちの個性が強すぎる編

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194312j:plain


バラナシへやってきた編でございます。(写真は掲載許可一応とってあります)

バラナシでの日々はわりと穏やかで、滞在中の過ごし方はなんとなくルーティン化してきました。

その内容はというと、

まず目が覚めたら顔をバシャバシャと洗い、近所のチャイ屋さんに行きます。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194529j:plain


一杯5ルピー(約8円)のチャイを飲みます。熱々甘々でもう幸せいっぱい。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194904j:plain


インド人に混じってチャイを飲み終えると、ガンジス川のほうに向かって道をくだって歩いていきまして、

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194552j:plain


(ときどき牛さんの大群とすれ違ったりします。)

f:id:magicalmysterytour2019:20190903195427j:plain


ガンジス川を眺めて「ああ、今日もこの川は森羅万象、いろんなものを含みながら流れてるな。」と心穏やかになるわけです。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903195609j:plain


沐浴、わたしは肩まで浸かる勇気はないなあ…なんて思いながら。

そしてここに座ってまる1日ぼーっとしているわけです。
そうしているといろいろな出来事があります。

同じ宿に韓国人の男の子が泊まっていて、「あ〜もろきち、こんなとこにいたんだ」と隣に腰をかけ、あーでもないこーでもないと雑談をしていたら

ピカッ

と視界の隅の方でフラッシュ?のようなものが光った気がして。

その方を振り向いたら、インド人がわたしたちの写真を撮っている。やましいことでもあるのか、カメラをその場でサッと隠す。下の写真の黄色い丸のおじさん。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903193921j:plain

「なになになに〜〜〜〜〜?!?!?!なんでいまカメラ隠したの〜〜〜!?」と突撃してみた。

おじさん「え、なんも撮ってないしなにも知らないけど」

f:id:magicalmysterytour2019:20190903193627j:plain


おじさん「だから何も知らないって、しつこいぞコラ」

f:id:magicalmysterytour2019:20190903193552j:plain


「…ニカッ」

f:id:magicalmysterytour2019:20190903193600j:plain


なんて会話をしていたら仲良くなってしまって、ついにカメラを見せてくれた。

しっかり撮ってるじゃねーかよ。笑

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194059j:plain


なんてやっていたら、いきなり関西弁で「今日うちんちでな、ビールパーティあんねんけど、けーへん?」と話しかけてくる知らないインド人たち。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194216j:plain


きみらだれやねん。


「おれな、携帯の待ち受け、自分にしてんねん、ええやろ」って言って携帯を見せてくる。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194436j:plain


なんでなん。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194312j:plain


もう加工がすごすぎて、いろいろあれだし、そもそもきみ、だれなん?


このようなキテレツなことが頻繁にあって、バラナシでの日々は穏やかなようで、とても濃厚でございます。

でも、わたしとってもインディアすきよ。

粛々と、次の記事につづきます。

【インド】バラナシでガンジス川を拝む編

f:id:magicalmysterytour2019:20190831085822j:plain


さて、コルカタ滞在中は感情がいわゆる嵐状態になっていて、インド人に本気でキレたりしたのですが、ささくれだらけの心を鎮めるべく、ガンジス川が流れる聖地バラナシへ向かうことにします。

グッバイサダルストリート。

f:id:magicalmysterytour2019:20190831090545j:plain


シヌほど大変な思いをして手に入れたチケットを握りしめて、コルカタ駅へ向かいます。

f:id:magicalmysterytour2019:20190830054146j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190830054110j:plain


コルカタ駅の大きいこと!!自分の列車を見つけるのにひと苦労です。
ひとまず駅の食堂で腹ごしらえをしておきます。フライドライスうまうま!!

f:id:magicalmysterytour2019:20190830054210j:plain


なんと、このコルカタ駅で、数日前お世話になった航海士の彼に偶然再会!!!何千人レベルで駅に人がいるというのになにこのミラクル!!!

デリー行きの列車に乗ったところを見送り、わたしもバラナシ行きの列車に乗り込みます。乗車時間はなんと約18時間笑 

列車に揺られながら、インド人の車内での過ごし方など改めて観察してみる。

相変わらず6人の指定席には9人ほど人が座っているし、列車内にレジャーシートを広げて炊事をしている人もいるし、車両の廊下で寝ている人もいるし、お金ちょうだいって回ってくる子供がいるし。あとは女装して席にきてお金ちょうだいっていう大人もいるし。

 

それからトイレは穴があいているだけで線路に直接垂れ流し。おまけに窓から外を眺めると、男性が複数名並んで立ちションをしていたり、女性が外でしゃがんで排泄してたりする。

まじか。

あとよくわからないんだけど、走ってる電車に飛び乗ってくる人がいる。


同じ指定席ボックスに、ハンガリー人の女性バックパッカーがいて、彼女もバラナシへ行くらしい。よかったらバラナシ宿の部屋、シェアする?!という話になり、バラナシで宿泊を共にすることになりました。

ダッバーワラ(インドのお弁当売り)から食事を買ったり、寝たり、スナック食べたり、おしゃべりしたりして結局20時間ほどでバラナシに到着!!!

バラナシ駅からはトゥクトゥクに乗ってメインの場所まで移動します。おじさん、重いのに一生懸命こいでくれてありがとう…><

f:id:magicalmysterytour2019:20190831092858j:plain


トゥクトゥクを降りて、本日の宿を探します。

f:id:magicalmysterytour2019:20190831092413j:plain


もう当たり前の光景になっているんだけど、インドの路上にはウシさんが常駐されておりまして。暑いとのことで日陰で休まれております。

f:id:magicalmysterytour2019:20190831092355j:plain


良い感じの宿が見つかったので、ツインの部屋を確保!さっそく荷物を置いて、ガンジス川を拝みにゆきます。

f:id:magicalmysterytour2019:20190831085822j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190831091407j:plain


この世にあるすべてのものが流れている、というガンジス川。ときどき子供の遺体が流れていたりするそうで、わたしも数日後その光景を目の当たりにしました。

ヒンズー教のインド人が、自分に死が近いことを悟るとこの地バラナシを訪れ、最期の時間をここで過ごし、その生命が果てたときには灰となりこの川に流されてゆくのだそうです。わたしの大好きなジョージハリスンも、ガンジス川に遺灰を流してもらったんだとか。

ひとまず、バラナシ到着編でした。滞在記は次以降の記事に続きます。

【インド】列車の切符を買うのに大変な苦労をした編

f:id:magicalmysterytour2019:20190828110040j:plain


コルカタでの滞在も残りわずか、ということでヒンズー教とバックパッカーの聖地である【バラナシ】に向かう列車の切符を買いにいきます。


この作業がシッッッッヌほど大変だった件。

宿の人及びバックパッカーたちに聞いた情報をもとに、フーグリー川近くの列車切符購入窓口まで行くんだけど、そこに並んでいるのは1000人を余裕で超えるレベルの数のインド人。

窓口は7つくらいあるんだけど、そこに並んでいる長蛇の列は最後尾がみえない。
…気分が遠くなるけど、仕方なくそのインド人の長蛇の列に並ぶことに。

待つこと約2時間。まだまだわたしの番は回ってこない。

 

そのとき、

ヒンディー語で何らかの館内放送が入った。
その瞬間、一斉にインドたち人が一方向へ向けて走り出す。

どどどどどどどど!!(死の予感さえ感じるすさまじい音)

インド人の動きをみていると、どうも案内内容は以下の内容だったと推測される。

【窓口をいくつか閉めるんで、みなさん他の窓口の列に並んでください。】

わたしの並んでいる列に無数のインド人が走り込んできて割り込みをしてくる。

あァアアアアアアもオオオオオオオオ!!!!


仕方がない、ここは森羅万象の国、インディアである。少々の理不尽さには耐えないといけない。なるべく割り込まれないように間隔をつめてガードをする。

さらに待つこと約1時間半。

やーーーーーーーっっっとわたしの番が回ってくる。

窓口のおじさんに申込書を渡すと、住所欄の書き方に不備があるとかで、訂正したら再度並んでくんろ。とか言う。

ツォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!

発狂して頭を振り回していると、「エクスキューズミー?」と話しかけてくるインド人がひとり。

「ぼくはいまちょうど切符を購入し終わったところなんだけど、困ってるようなら外国人専用の窓口があるから、そこに連れて行こうか?」と…

…あやしい。(人間不信が直っていない)

さっきの窓口のおじさんに「外国人専用の窓口があるってほんと?」と無理矢理わりこんで聞くと、「あるよ、ちと川を渡ったところにな」と言う。

ほいだらそこにもう行くしかないがな!!

話しかけてきたインド人が、「時間あるし、そこまで連れてってあげる」と言ってくれるので、ほいじゃあ…お願いしようかな…

ということで、外国人専用の窓口へ。

そこには窓口のおじさんが言った通り、川をフェリーで渡っていく必要がありました。よく分からないけど、列車切符を買う為にフェリーに乗っている状況が謎過ぎる。笑

f:id:magicalmysterytour2019:20190828114356j:plain



フェリーを降りて、少し歩くと本当にあった、外国人専用窓口!!!!
少しだけ外国人がいるだけで館内はガラガラ。さっきの1000人超え窓口がまるでうそのよう。

ぱぱっとそこで切符を買い、あっさりチケットが手に入ってしまった。

なにこれ。なにこの状況。インディア。

その後はそのインド人に感謝の意をこめて、カフェへ行きスナックとコーヒーをごちそうさせていただきました…

この方は航海士さんらしく、世界中を航海しているらしいんだけど、たまたまコルカタに仕事で来ていて、デリー行きのトレインチケットを買うところ、困ってそうなジャパニーズを見つけて声をかけてくれたらしい。

f:id:magicalmysterytour2019:20190828110146j:plain


深々とお礼を伝えて、宿に帰りまた死んだように眠りました。

つかれたぞー!!!!!!

でも少しだけ人間不信が直ったかも。

次の記事につづきます。