世界を旅してまわる東京OLのブログ。

死海で女性自身を読む宣言して世界をまわる、旅の記録です。

【トルコ】国内移動は快適な長距離バスで!編

f:id:magicalmysterytour2019:20191111140426j:plain

トルコにやって来て気がついたことは、この国の交通ネットワークはおもに長距離バスで網羅されているのだということ。トルコ人は、遠出をするとなるとほとんどの場合、この交通手段を使うのだそう。

そんなトルコの長距離バス。乗ってみるとラグジュアリー感にあふれており、快適で乗り心地が良いのです。

というのも要点は以下のような感じです。

 

粛々と詳細に触れていきたいと思います。

 

バスアテンダントの存在


トルコの長距離バスには、蝶ネクタイをしてドレスアップしたバスアテンダントさんが乗車しています。トルコ語で「オトビュスマン」と呼ばれています。(オトビュスはバスという意味でauto bus?的な?)

彼らはまるでフライトアテンダントのように、華麗かつしなやかに乗客へ各種サービスを施してくれるのです。なお、バスアテンダントさんは男性しか見かけませんでしたが女性のオトビュスマンが存在するのかどうかはちょっと謎です…


食事とはいかないまでも軽食が出る

 

f:id:magicalmysterytour2019:20191110084147j:plain


フライトは、LCCに搭乗する場合を除いて機内食が出るのが一般的ですが、トルコの長距離バスに乗ると軽食が出ます。この軽食代はバス料金に含まれているようで特に追加でお金を払う必要はありません。

軽食の内容はさまざまで、写真のようにサンドイッチが配られることもあれば、ブレッドやチョコレート、ビスケット、ドライフルーツなどバス会社によって異なってきます。飲み物はだいたい、アップルジュースかオレンジジュースですね。


座席シートはモニター付き仕様!

f:id:magicalmysterytour2019:20191112155331j:plain



フライトの場合、特に国際線に乗る場合はシートにモニターがついていて、エンターテインメントを楽しむことができますね。

トルコのバス座席シートにもモニターがついています。人気のテレビ番組やトルコの人気映画、音楽を楽しむことができるようです。しかしながらすべてトルコ語のみになりますので外国人はあまり楽しめないかも。

Wi-Fiおよびコンセントが完備されているバスがほとんどなので、iPadやスマホなどで動画を観て過ごすのもアリかもしれません。

とにかく車内がゴージャス

 

f:id:magicalmysterytour2019:20191111140353j:plain


バスの車内は内装がシックで重厚感漂うものが多いです。バスによってはシャンデリアが内装に施されていたり、真っ赤なカーペットが通路に敷かれていたりすることもあります。

他の国の高速バスに比べて、車幅(バスの横幅)も少し広いような気がしました。シートのゆったりしているので、身体もそれほど疲れずに済みます。

まとめ

 

快適でハイクオリティな乗車を体験できるトルコの長距離バス。一度乗ると乗り心地の良さにの良さに病みつきになるかも!トルコ国内を移動する際には、長距離バスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

【トルコ】海外でiPhoneを紛失し、無事返ってきた話編

f:id:magicalmysterytour2019:20191110084131j:plain


今回はなんと、トルコの路線バスでiPhoneを落としそれが無事返ってきた話を書きたいと思います。

そう、あれはイスタンブールを探索し終わり、イズミルという街へ移動した日のこと。

イスタンブールから高速夜行バスに乗り、早朝にイズミルのバスターミナルへ。そこから市内へ向かう路線バスへ乗り換える。

f:id:magicalmysterytour2019:20191110084850j:plain


んあ〜ねむい〜フア〜と眠い目をこすっている間に、路線バスは市内に到着。

運転手さんにテシェッキュエデリム(ありがとう!)と告げてぴょいっとバスを降りて、時間を確認するためにiPhoneに手をのばす。

ん?

スカッスカッ

ん?あれ?カバンの携帯用ポケットがスカスカしてる。

ん??ん?!うそ、iPhoneがない…

いーやぁあぁああああぁああ!!(めっちゃ取り乱す)
いやいや待て待てうそだろ、なあうそだと言ってくれよ、なあ!!とカバンをひっくり返してみるけど、やっぱりない。

そういえば、バスを降りる時に「ガゴン。」って足元で音がしたんだけど眠くて気にかけなかったような。あれはiPhoneを落とした音だったのか…(ガクガク)

ああやらかした。iPhoneをなくしてしまった。




頭が真っ白になり、ただただ立ち尽くす。

と、とりあえず路線バスの会社に連絡を入れなくては。と震える足で朝6時半のイズミルの街を歩き回る。

英語の通じるホテルがあり事情を話すと、親切なレセプションの方がバス会社へ電話をしてくれた。けど時間は朝6時半。繋がらず。


とりあえずさっき乗った同じ系統のバスの運転手さんに事情を話してみよう…もしかしたらなにか知恵を貸してくれるかもしれない…。

バス乗り場にゆく。次々にバスがくる。

「あのっ、すみません!さっき同じ系統のバスに乗ってそのときiPhoneを落としてしまったみたいなのですが…!」

と言ってみるも運転手さんに英語が通じず、乗客の方で英語を話す方がいて彼に通訳して伝えてくれた。

このときすごくびっくりしたのが、バスの乗客の皆さんと運転手さんが、「これ、どうしたらいいかな」と全員で話あってくれたこと。

運転手さんが「このバスの終点には、バス会社のオフィスがあるから乗って行きな!運賃なんかいらないからはやく乗って乗って」と言ってくれて、乗車させていただくことに。

終点につくと運転手さんが同僚の人たちに電話をかけiPhoneの落し物がなかったかどうかの確認してくれて、オフィスに着くと事情を説明&iPhoneの落し物がなかったか聞いてくれている。。。

だけどやっぱり、いずれも回答としては「iPhoneの落し物はない」とのことだった。

そりゃそうだ、海外でiPhone落として返ってくるなんてそりゃないよなあ…

iPhoneをなくしてしまった動揺&ショックと、ここまで親切にしてくれる皆さん(特に運転手さん)に対しての感謝の気持ち、そしてこれからどうしたらいいんだろう、といろんな感情がごちゃ混ぜになり号泣してしまうわたし。

運転手さんは泣いているわたしを見て「ちょっと待ってて」と、どこかに行ってしまった。しばらくしてふわふわのクロワッサンと湯気の立つチャイを買って戻ってきた。それらを差し出して「これ食べて元気出して、ほら泣き止んで」と。


うーああああああああ( ;  ; )もうだめ。もう涙が止まらなくてだめ。もう良い、iPhone見つからなくていいや。

目をパンパンに腫らしてチャイを飲んでいると運転手さんの電話が鳴って、何か話している。電話が終わるとこちらを向いてにっこり笑って何かトルコ語で言った。

私は思わず「ほんとに?」と日本語で言った。運転手さんは「本当だよ、取りに行こう」とトルコ語で言う。

とっても不思議。言葉はわからないのに、しっかりと通じた。


先ほどのオフィスにもう一度行くと、オフィスの人がiPhoneを手渡してくれた。オフィスの人は英語が話せる。

彼は、「なーんにも心配することはなかったんだよ、だってここはトルコなんだから」と言った。その通りだと思った。

その後、運転手さんが「よかったね、もうなくさないようにね。」と言う。思わずふわりと抱きついてしまうとすごく照れ臭そうにしていた。テシェッキュエデリム。ありがとう。

いまだに思い出すと目頭が熱くなってくるような、そんなトルコでの出来事。なんて恵まれているんだろう。

最後までお読みくださりありがとうございました。

次の記事に続きます。

【トルコ】女子旅に断然おすすめイスタンブール!街の魅力をご紹介編

f:id:magicalmysterytour2019:20191107154234j:plain


トルコがイスタンブールの街歩きを何日かかけてしてきました。ひしひしと感じているのは

イスタンブールは、ずばり、女子旅にぴったりな都市!!!!

以下のポイントごとにイスタンブールについてご紹介できればと思います。

 

 


それではみてゆきましょう。

 

街並の美しさに圧倒。街全体がアートだよ。

f:id:magicalmysterytour2019:20191107150443j:plain


イスタンブールはアジアとヨーロッパの境目と言われており、異文化な空気感漂う都市。

まるでヨーロッパにいるかのような錯覚をしてしまう街並みの中に、各所モスクが建っており不思議な感覚を覚えさせてくれる。ミックスされた異国情緒のあふれる街なんです。

ヨーロッパのような街並みf:id:magicalmysterytour2019:20191107150201j:plain

世界遺産「アヤソフィア」f:id:magicalmysterytour2019:20191108092253j:plain


市内の有名観光スポット「ガラタ塔」f:id:magicalmysterytour2019:20191107150425j:plain

街にはトラムヴァイという路面電車がたくさん走っているので、うまく活用して観光スポットを巡るもよし、モスクを訪れて回るも良し、バザールでローカル感を味わうもよし。おしゃれなカフェでのんびりするもよし。

また、こちらイスタンブールにはアジアとヨーロッパを隔てているボスポラス海峡があることで有名です。クルージングもできますので、ロマンを感じながら世界に思いを馳せてみるのも良いかもしれません。

f:id:magicalmysterytour2019:20191107150755j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191107150810j:plain


黄昏時のイスタンブールの表情もとても良い。f:id:magicalmysterytour2019:20191109160834j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191109161145j:plain



イスタンブールは…ねこの街!

f:id:magicalmysterytour2019:20191107151810j:plain


実はイスタンブール、ねこちゃんたちが多く住まう、ねこ街ということで有名です。 街のあちこちでねこちゃんを発見することができ、ねこちゃんたちが思い思いに時間を過ごしているのをのぞくことができるんです。

ねこ好きにはたまらない街巡りになること間違いなしですね。

f:id:magicalmysterytour2019:20191107150354j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191108094719j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191107154035j:plain

グルメもGOOD!!トルコ料理に舌鼓。


トルコ料理がフランス料理、中華料理と並ぶ世界3大料理だということをご存知でしょうか。トルコ料理、ちょ〜美味しいんです。実際現地で食事をして、日本人の味覚にもよく合うなという印象を受けました。

ローカル食堂にて。
f:id:magicalmysterytour2019:20191108094746j:plain

トルコのローカル食堂では、おかずを頼むと無限食べ放題のパンがサーブされるので、お腹いっぱいたべられますよ〜

ローカル食堂にて。
f:id:magicalmysterytour2019:20191107150650j:plain

持ち帰りも可能なお店も。
f:id:magicalmysterytour2019:20191108094659j:plain


街中のローカル食堂でご飯を食べるもよし、ボスポラス海峡沿いにある高級レストランでリッチに食事を楽しむもよし!

また、街のいたるところにケバブ屋さんもあるので、食べ歩きをしてみるのもおすすめです♪( ´▽`)

街のケバブ屋さん
f:id:magicalmysterytour2019:20191108094545j:plain


またイスタンブールには数えられないほど多くのカフェがありますので、お気に入りのカフェを見つけるのも楽しいはず。しっぽりとチャイをいただきましょう。

路上カフェでチャイを注文。カップがかわいくて女子心がくすぐられる…!
f:id:magicalmysterytour2019:20191108094749j:plain

無数に存在するカフェたち。
f:id:magicalmysterytour2019:20191108094457j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191107154105j:plain

かわいいお土産や雑貨で溢れている

f:id:magicalmysterytour2019:20191107151719j:plain

 

イスタンブールにはたくさんの雑貨屋さんがあり、とかいピアスなどのアクセサリーやショールやカバンなどの布雑貨などがザクザクあります。


わたしもとある雑貨屋さんでとてもかわいいピアスを一目惚れして購入しました。

f:id:magicalmysterytour2019:20191109162856j:plain


大きなバザールがたくさんありますので、そちらでお気に入りの雑貨を探して回るという楽しみ方もあると思います。

f:id:magicalmysterytour2019:20191109155948j:plain


自分用に思い出のひと品を買うも良し、友達や家族へのお土産を探すもよし。素晴らしい、素晴らしすぎるよイスタンブール。

 

まとめ

 

イスタンブールは街並みもよし、グルメもよし、お買い物するも良し、女子の心をぐっと掴む街でございました。わたしもまた近々行きたいなと思っているところです。

*イスタンブールではまれにテロが発生しているとのことなので、旅行をご計画される際は外務省ホームページなどでしっかりと現地の安全情報を把握した上でご検討するようにしてくださいね。




【トルコ】いざトルコへ渡航!カウチサーフィンも初体験。編

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092038j:plain


インドから一時日本へ帰国をしておりましたが、またまた海外ぐるり旅再開でございます!

ということで次はドバイを経由し、トルコが首都イスタンブールへ向かって参ります。今回は関西国際空港から搭乗〜!

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092042j:plain


今回、憧れのエミレーツ航空に搭乗。
ずっと乗ってみたかったのよ、エミレーツ。テンションが上がりまする。関西空港からドバイまでは約5時間半のフライトになります。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092103j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092038j:plain


搭乗すると、美しいCAさんがやって来てハーブの蒸しタオルを配ってくださいます。搭乗されているCAさんの中には日本人CAさんもいらしたので、英語が不安という人も安心です。

そしてそして機内エンタメが充実しています。さすがエミレーツ先輩。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092025j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191106091943j:plain


機内食はこんな感じ。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092024j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092115j:plain

 

和食とイタリアンとで選べて、和食にしてみました。隣の人はイタリアンにしててペンネとかが入ってて美味しそうでした〜!

お腹がすいたらカップ麺などのスナックをサーブしてくれるし、機内はおやすみモードになるにつれて天井がプラネタリウムになるし、素晴らしいです。

わたしはというと眠れそうになかったので、音楽を聞いたり映画を2本観て過ごしました。真夏の方程式ちゃんと観たの初めてだった〜〜!

真夏の方程式のクライマックス、というときに飛行機が着陸。なかなか忘れられないクライマックスシーンでしたよ。

ドバイ空港到着。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092201j:plain

ドバイ空港で4時間ほどトランジット。トランジットを待っている間、少しお腹がすいたのでレストランでグリルフィッシュを食べました。これで2500円ほど!高い〜〜〜!

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092155j:plain


レストランのウェイターの人にチップを要求されたんだけど、アメリカドルも現地通過も持っていなかったので、ポケットに入ってた500円玉を渡したら物珍しそうに眺めて嬉しそうにポケットにしまう彼。

満面の笑みでGOODのサインをして、仕事に戻って行かれました。

さて、約4時間半のフライトにてイスタンブールのアタテュルク国際空港へ。長い道のりだった〜。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106121551j:plain


さてはて、今回はなんと初カウチサーフィンを利用することになっており、ホストの方のお家を目指して参りまする。お家は市街地からメトロで30分くらいのダルシャファカというエリアにあるそうです。

まず空港からバスで市街地へ…そこからメトロに乗って…さらにバスにのる…
無論、迷子になりました。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092217j:plain


なんかよくわからなかったので、もう諦めてタクシーでホストのお家まで行くことに。タクシーで4000円近くかかってしまった…けどヘトヘトだったから仕方ない。

ホストの方のご自宅はこんな感じのアパートメント!

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092316j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092258j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092643j:plain


入り口にはねこにゃんがおりました。前髪センター分けみたいな感じでかわいいなねこにゃん よ。

はじめてのカウチサーフィンでドキドキしながらも、ホストの方にご対面&ご挨拶。
シャワーを浴びて、イスタンブールはこのスポットは見ておいた方がいいよ〜と諸々アドバイスをもらったのち、早めに休息をとることに。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092244j:plain


ひとまず休むことができて安堵の瞬間。目を閉じたらあっという間に眠ってしまいました。

次の記事につづきます。

 

【インド】カシミール地方、羊まみれのトレッキング続編

f:id:magicalmysterytour2019:20191003122055j:plain


こんにちは、北インドカシミール地方のパハルガムをトレッキング中のもろきちでございます!

昨晩は山にテントをはり、一夜を過ごしました。朝はやくに目が覚めるとなんとも幻想的な光景が目の前に。

f:id:magicalmysterytour2019:20191001114028j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191003121828j:plain


サポート係の屈強な男たちが、熱々のチャイとパンをサーブしてくれます。本当に何から何までかたじけない…凍える朝に熱々のチャイが染み渡る…!!

f:id:magicalmysterytour2019:20191003122850j:plain


朝食後はテントをたたんで、トレッキング再開!またずんずん歩いてまいります。

f:id:magicalmysterytour2019:20191003121912j:plain

 

だんだんと日が高くなっていき、広い草原にたどり着いたのですが、そこにはたくさんの羊さんたちが!!これぞ「カシミール」と聞いてイメージするような風景。

あたり一面、シープ!!

f:id:magicalmysterytour2019:20191003123722j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191003124434j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191003122055j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191003122009j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191001112915j:plain


1列で歩いてる羊さんたち可愛いね。映画の中の世界みたいでぼーっとしてしまいそう。

丘を超えながらも、どんどん歩いていきます。

f:id:magicalmysterytour2019:20191024101300j:plain


あちらもこちらも本当に羊さんでいっぱい。

そして今日はここら辺りでテントを張るそうです。

f:id:magicalmysterytour2019:20191024101250j:plain


この近くの川で今晩のおかずになる魚(マス?のような虹色の魚)を何匹か釣りまして、屈強な男たちが例に漏れず美味しく調理してくれました。魚料理なんてインドにきて初めて食べました。写真をとり損ねてしまったことが本当に悔やまれるぞい…

あっという間に夜がきて、わたしは屈強な男たちが用意してくれたテントの中でひとり、天井からぶら下がるランプを眺めながらこれからどうしようかな、と考えるのでした。

f:id:magicalmysterytour2019:20191024101318j:plain


これからインドを出て中東方面に向かおうと考えていたのですが、諸事情があり日本に一度戻ろうかと。

少し落ち着いてからまた旅を再開しようかな。うん、一度日本に帰ろう。

【インド】カシミール地方、パハルガムへトレッキングwith屈強な男たち編

f:id:magicalmysterytour2019:20191001112755j:plain


インドカシミール地方に滞在中のもろきちですが、ネパールでトレッキングをしたあの楽しさが忘れられず、カシミール地方でもトレッキングをすることにしました。

今回トレッキングするのは「パハルガム」というロッテが出しているお菓子にありそうな名前の、ヒマラヤのふもとエリア。めっさテンション上がってます。

スリナガルからパハルガムまで車で約2時間弱ほどの移動。ごつごつの道をどんどん進んでいきますぞい。

f:id:magicalmysterytour2019:20191001113659j:plain

 
写っているのはお世話になってるホストファミリーの親戚のお兄さんであり、エアインディアにお勤めのオマールさん。たまたま休暇とって実家に帰ってきていたらしく、トレッキングにご一緒したいとのことで同行することに。オマールさんめちゃくちゃ紳士で優しいから嬉しい限り!!

現地に到着すると、荷物を運んでくれるお馬さんとサポート係の屈強な男たちが5名スタンバイ。
……え、5名?多くない?笑

f:id:magicalmysterytour2019:20191001112706j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191001112720j:plain


準備が整い、早速トレッキングを開始していきます。ちなみに今回は3泊4日のトレッキングでございます〜わくわくだ〜〜!!

f:id:magicalmysterytour2019:20191001153250j:plain


疲れて早速お馬さんに身体を運んでもらう始末。ごめんよお馬さん…
「あの弱々しいジャパニーは大丈夫か」と心配してくれるオマールさん。まじでジェントルマン。YOU ARE SO SWEET!!

f:id:magicalmysterytour2019:20191001112713j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191001112725j:plain


なんかエモい感じの道になってきたぞい。

f:id:magicalmysterytour2019:20191001112755j:plain


出発から数時間して、太陽が傾いてきたのでこのあたりでテントをはることに。すかさず屈強な男たちが本領を発揮し、あっという間にテントを用意してくれました。

f:id:magicalmysterytour2019:20191001112842j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191001112820j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191001113754j:plain


その後一息つく間も無く、男たちが夕飯の支度をはじめてくれます。まばたきをする間に、ひらひらと舞うかのように手際よく動いてくれる彼らを前に、弱々しいジャパニーはただその様子を見守るのみ…(おのれも手伝わんかい笑)

f:id:magicalmysterytour2019:20191001112850j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191001112854j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191001112904j:plain


肝心のご飯の出来上がり写真をとり忘れてしまった!!なんたる失態!!!彼らの作ってくれた鶏肉とお野菜たっぷりのカシミールカレーはとても美味しくて、脳みそがとろけそうでございました。お腹いっぱい温かく美味しい食事をいただき、幸せいっぱい。ごちそうさまでした!!

それから少しして日が暮れ、はやいうちに寝支度をするのですが、夜は昼間とは比べ物にならないくらい寒く、あたりは氷点下10度ほどの気温になります。弱々しいジャパニーが持ってきていたユニクロのダウンを着てガタガタ震えているとまたもや男たちがすかさず焚き火を用意してくれ、暖をとることができました…なんと彼らの素晴らしいことか…

f:id:magicalmysterytour2019:20191001114032j:plain


屈強な男たちの絶大なサポートのもと、トレッキング1日目を無事終えることができました。明日も朝早いし疲れたから、早く寝よう。

澄み切った空に綺麗に映える満天の星を見ながら、焚き火で身体をあたため、テントに戻って毛布にくるまり眠りに落ちてゆくのでした。

次の記事につづきます。