世界を旅してまわる東京OLのブログ。

死海で女性自身を読む宣言して世界をまわる、旅の記録です。

バリ旅行記②〜スミニャックエリア・ウルワツ寺院〜

スポンサーリンク

f:id:magicalmysterytour2019:20190221213854j:plain

 

バリ島旅行記その②です。この日はスミニャックエリアやビーチを散策です。

朝ごはんをたんまり食べて、ブルーバードタクシーで移動です。

 

f:id:magicalmysterytour2019:20190221213900j:plain

バリでの移動は、オフィシャルのブルーバードタクシーが本当におすすめです。

出会った運転手さんはみんな真面目で一生懸命お仕事をされていました。

 

バリではぜひ、ブルーバードタクシーを使ってみてください。

運転手さんにお礼を告げてビーチ散策!テリマカセー!(インドネシア語でありがとう!)

 

そういえばテリマカセーってマレー語でもありがとうって意味だったような。

言葉が似ているのかな?

 

f:id:magicalmysterytour2019:20190221213854j:plain

 

雨期ということもあり、この日の天気は少しどんよりしていましたがビーチはやっぱり開放的です。すばらしい!!

 

ビーチ沿いの遊歩道もとってもいい雰囲気。

 

f:id:magicalmysterytour2019:20190223082518j:plain

 歩いて歩いて、歩き回る。疲れたらマッサージ屋さんに入って揉んでもらう。

 

バリではスパやマッサージを比較的安価で楽しむ事が出来るからパラダイス。

わたしはこれを目的にバリにやってきたと言っても過言ではない!

 

そしてお腹がすいたら手当たり次第お店に入ってご飯を注文!

 

f:id:magicalmysterytour2019:20190221213829j:plain

 

少しビーチから離れてみるとナシゴレンの屋台があったから、入って注文。

※さっき食べたばっかr

 

注文後、料理を作ってるところで身振り手振りでナシゴレンの作り方も聞く。

日本に帰ったらナシゴレン作ってみようと思う。

 

f:id:magicalmysterytour2019:20190223082808j:plain

 

だんだんと夕方に近づいてきた頃、

サンセットを背景に行われるケチャダンスで有名なウルワツ寺院へ行こう!

ということになり、タクシーで寺院へ向かう。が、

道が大渋滞でサンセットには間に合わず、さらに雷を伴うひどい雨が降り始めた。

 

雨も降ってるし、ケチャダンスも観れそうにないということでホテルの方へ戻りたい。と運転手さんに伝えるも、

 

「もうウルワツ寺院のそばまで来たよ」と言うのでせめて寺院だけでも見学して帰ろうと思ったのですが寺院についたときは、寺院は局所的にゲリラ豪雨に襲われていて。

 

ほら、あのドラえもんの道具で、ジャイアンの上だけに真っ黒な雲が現れてとんでもなく雨を降らす、ほいでジャイアンだけビショビショみたいな道具あったじゃないですか。あんな感じ。

 

死ぬほど雨が降っているのに、運転手さんが「レッツゴーレッツゴー」とタクシーの外へと案内するので、こちらも何かの栓が吹っ飛び

 

ヒャッホーーーウ!!!!とタクシーの外へ。

 

そして、このスコールの中をはしゃぎまわるという行為がのちのちとんでもない事態を引き起こす事になります。

※そちらについては次の記事で。

 

ずぶぬれのまま、やっとの思いでホテルに帰り、この日はおしまい。

次はウブドに移動です!