世界を旅してまわる東京OLのブログ。

海外、国内問わない旅ホリックなブログです。

バリ旅行記③〜ウブド・救急車搬送編〜

スポンサーリンク

f:id:magicalmysterytour2019:20190221221644j:plain

 

バリ島旅行記その③です。
*前記事はこちら↓

www.magicalmysterytour2019.com

 

クタのホテルをチェックアウト後、格安路線バス「クラクラバス」に乗りバリ島北部の森林地帯、ウブドエリアへいざ出発!

 

DFSでバスを待っていると、なにやらカメさんの描かれたワゴンのような車が現れました。今回乗る予定のクラクラバスのようです。写真撮り忘れましたごめんにゃさい。

 

1時間半ほどの乗車でウブドに到着です〜!

f:id:magicalmysterytour2019:20190222224548j:plain


ウブドのバス停で下車して、とことこ歩いてホテルへ向かう。

今回泊まったのは「ウブドビレッジリゾート&スパ」というホテル。ここに宿泊するのをとても楽しみにしておりました!!シヌホド楽しみにしておりました!!!!

 

ホテルに到着してチェックイン。ウエルカムドリンクをいただきます。なんだろう。シュガーケーンとかライムとか香草とかのミックスジュース?

 

f:id:magicalmysterytour2019:20190222223726j:plain

 

こちらには日本人スタッフの方がいらして、なんでも相談させていただいておりました。本当に助かりました。

 

ホテルの敷地内はこんな感じ。 ホテル、というかヴィラリゾートが正しいのでしょうか!

f:id:magicalmysterytour2019:20190222225159j:plain


なんと予約していたお部屋をスイートにグレードアップしてくださっていました。もうテンション上がりすぎて発熱しそうでした。(この後40度の熱がでます)

f:id:magicalmysterytour2019:20190221221644j:plain


お庭にあるガセボ(庭の貴族風休憩スペースみたいな場所)がとてもお気に入りです。鳥の鳴き声やサンサンと輝く太陽が本当に良い。

ガセボってこれ。↓夜はライトアップされて、え〜雰囲気になるんですよ〜〜!

f:id:magicalmysterytour2019:20200224104051j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20200224104340j:plain

*画質悪くてごめんなさいね。。


ベッドやお風呂も超絶すてきです!!

f:id:magicalmysterytour2019:20190222223653j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190222223700j:plain


ひととおりスイートコテージの中をみてまわってガセボでくつろいでいたら、なんだか身体中が妙にワサワサするような感じがしたのですが特に気にもせずコテージでのステイを楽しんでました。

サービスでふるまわれるお昼下がりのアフタヌーンティーを堪能して、

f:id:magicalmysterytour2019:20190222230232j:plain

 

ウブドの中心街へ出かけて街の景色やお店巡りを楽しんでいると、さっきの身体のワサワサ感覚がまた戻ってくる。

 

…??なにこれ…?なんなんだこれ?

と思っているとあらびっくり。二本の足で立っていることが出来なくなりふらふらと倒れてしまいます。

 

その後なんとかタクシーへ乗せてもらいホテルまで戻ったそうなのですが、意識が朦朧としていたため、ほとんど記憶がありません。。

ひどくお腹を壊していて、40度近い熱があり、身体中の筋肉が痛くて痛くてたまらない…その日はそのまま眠ろうとしましたがあまりに身体がしんどくほとんど一睡も出来ず。

ドクターをホテルに呼んでもらい往診をしてもらったところ、ただちに病院での治療が必要だとのことで救急車で搬送されましタ。

 

検査の結果、バクテリア感染をしているとのことで10時間ほど点滴を受けることになりました。

 

何かやばいものを食べたんだろうか。
2日目に朝食ビュッフェで出た生野菜?屋台で食べた謎のスナック?or謎の乳製品?

 

もしかして…前日のゲリラ豪雨…?

後からきいた話によると、バリの雨は基本浴びてはいけないらしい。たくさんの汚染物質が含まれていて、現地の人でも雨に濡れるとひどく体調を悪くすることが多々あるのだそう。

 

………それやん。

 

 前日の無知すぎる自分を嘆きながら、1滴また1滴と落ちて行く点滴薬を見つめ10時間をやり過ごすのでした。

 

次の記事へ続きます。