世界を旅してまわる東京OLのブログ。

死海で女性自身を読む宣言して世界をまわる、旅の記録です。

【マレーシア】タイを出国、マレー鉄道でアロースターへ列車移動編

スポンサーリンク

f:id:magicalmysterytour2019:20190608211802j:plain


タイ、南の街ハジャイを出発しまして、マレー鉄道でマレーシアのアロースターという街へ向かいます!ハジャイからアロースターまでは約60キロほどとのことで、乗車時間もそれほど長くはありません。

f:id:magicalmysterytour2019:20190608211729j:plain


ハジャイ駅から、電車に乗り込みます!

f:id:magicalmysterytour2019:20190608211746j:plain


わりとお客さんの数が少なくてびっくり。車両ほぼ貸し切り状態…
列車が動きだしてからぐっすり眠ってしまい、国境に着いたときに車掌さんに「ボーダー」と揺り起こされました。

あわてて荷物をまとめて外に出ると、本当だ。国境だ。

f:id:magicalmysterytour2019:20190608211802j:plain


Hello! Malaysia!
バックパックの中身を一通りチェックされた後、スパパパパンとパスポートに入国スタンプをもらい、マレーシアに入国。
デブエット継続中のわたしはそんなとき(入国審査時)もカロリー摂取を忘れません。

f:id:magicalmysterytour2019:20190608211830j:plain

マレーシアに入国後、列車に再度乗り込み、アロースターに向かって再出発です。マレーシアに入ってから急に線路がキレイになったので少し驚きました。

f:id:magicalmysterytour2019:20190608211836j:plain


60キロほどの移動だと思っていましたが、思った以上に目的地まで時間がかかり、アロースター駅に到着したときは、すでに日が暮れてしまっておりました。

f:id:magicalmysterytour2019:20190608211847j:plain


駅につくと、あらかじめ予約をしておいた宿にむけて歩き始めます。駅から4キロほど離れている場所に宿(良い感じのホテル)があるとのことで、ちょっと歩けば見つかると思っていたのですが、とんでもない迷子に。この光景をみながらただただ絶望するのみ。

f:id:magicalmysterytour2019:20190608211853j:plain


自分の力ではどうにもならないということが分かり、タクシーに乗ってホテルまで行くことに。タクシーを捕まえて、運転手さんに住所を見せるも、運転手さんは「アイドンノー」と言うばかり。ただただ、泣きたい。

タクシーの運転手さんとホテルを探すこと約1時間、ようやくホテルを見つけることが出来ました。運転手さんは「駅からホテルだけの運賃を払ってくれればいいよ」とのことでなんと親切な方なんだろう。テリマカセー!!(マレーシア語で、ありがとう)

早速宿にチェックイン!

レセプションのドリアン禁止がなかなかインパクト強いです。

f:id:magicalmysterytour2019:20190608213633j:plain


部屋に入ってひとやすみ!部屋がめちゃくちゃキレイで嬉しい〜〜!100マレーシアリンギットで(2500円ほど)なのに朝食もついてコスパよい!

f:id:magicalmysterytour2019:20190608211909j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190608211924j:plain


お腹がすいたので、晩ご飯を買いに外出。近くで屋台が出ていたので、そこで食事を買いました。初めて訪れる国で一番最初に食べるものってミステリーでドキドキ!

「ジャパンからきたの?じゃあとびっきり美味しいのをつくるね!」と腕をふるってくれました。マレーシアの人たち、すごいフレンドリーで嬉しい!

f:id:magicalmysterytour2019:20190608214222j:plain


小麦粉を卵とベジタブルで練ったものを焼いたもの。持ち帰りにして、宿でいただきます。美味しい!

f:id:magicalmysterytour2019:20190608213819j:plain


次の記事につづきます!