世界を旅してまわる東京OLのブログ。

死海で女性自身を読む宣言して世界をまわる、旅の記録です。

【マレーシア】クアラルンプールでショーン君と再会編

スポンサーリンク

f:id:magicalmysterytour2019:20190619132548j:plain


クアラルンプール滞在中、ショーン君が遊びに来てくれた編です。

ベトナムで出会ったマレーシア人のショーン君がシンガポールで就職活動中に、クアラルンプールまで遊びにきてくれました。

クアラルンプールとシンガポールは300キロほどしか離れていないそうで、案外近いんだね。日本でいうとうーん、東京から名古屋のちょい手前くらいの距離感?

f:id:magicalmysterytour2019:20190619132313j:plain


クアラルンプールでもっとも大きいKLセントラル駅にて待ち合わせ。日本人は国内の感覚で5分前に来ちゃったけど、そういえばマレーシア人の時間観念ってどんな感じなんだろう。これは2時間とか待つことになるかもしれない…

と思ってたら時間通りに来た!!!1.5ヶ月ぶりの再会〜!久しぶり〜〜!

ちょっと軽くスナックでも食べながらおしゃべりしようぜ〜と、マレーシアのスナック屋台へふらりと入店。マレーシアの若者でにぎわっている!

マレーシア風スナックの楽しみ方を教えてもらう。うずらの卵やエビ・イカ、お野菜などの具材を串にさして、(串単位で具材を注文できます)席にある個別ホットポットでゆでて、ソースにつけて食べる!なんか超ええ感じ!

f:id:magicalmysterytour2019:20190619141410j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190619141755j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190619141812j:plain


わたしの旅の近況や、シンガポールでの就職活動の進み具合、家族のことなどなど。就職活動するにあたって、ショーン君はやはりかなり強気の賃金交渉をガッツリやっているらしい。「すごいなあ…日本人はそれがめっさ苦手だし、なかなか出来ないことなんだよ…」と告げると、「なんで???????」とすごく不思議がっている。。日本人特有、というかなんだろうそういう文化というか…。ね…。


スナックを食べ終えて、クアラルンプールの夜景がよく見えるというクアラルンプールタワーへ!
クアラルンプールモノレールでラジャチュラン駅まで行きましてそこから歩いて10分ほどのところにエントランスがあります。


タワーに行く途中におさるさんのファミリーが道に座っておりました。


カンボジアでおさるさんに襲撃された経験もありちょっとビクビク…

f:id:magicalmysterytour2019:20190619220819j:plain


タワーに到着。写真じゃ分かりにくいですが、とても背の高いタワーです!

f:id:magicalmysterytour2019:20190619220725j:plain


屋内展望台までのチケットを2枚購入(大人:52マレーシアリンギット日本円で1300円くらい)してエレベーターでずんずん上がります。ちなみにスカイデッキまでのチケットを購入する場合は105マレーシアリンギット(大人)になります。ほぼ倍の金額…高い…!!

日本のスカイツリータウンみたいに、タワーのふもとはお土産ショップや売店などが立ち並んでいます。

f:id:magicalmysterytour2019:20190619132506j:plain


↑あまり上手にとれなかったけど、ペトロナスツインタワーも良い感じに見えています。

f:id:magicalmysterytour2019:20190619132422j:plain


クアラルンプールの夜景を堪能して地上に降りた後も、再度タワーを見上げてみる。高さの感覚がよく分からなくなっちゃう。

f:id:magicalmysterytour2019:20190619135842j:plain




タワーを後にし、お腹がすいてきたのでローカルレストランにて夕食タイム!ロティ・チャナイという安くて美味しいマレーシアの代表的なお料理なのだそうです。

f:id:magicalmysterytour2019:20190619222451j:plain


インド料理っぽいな〜と思ったけど、マレーシアはインド系の人たちも多いので納得です。

帰りの地下鉄で、マレーシア女子2人とガールズトーク出来たのが嬉しかった…!

次の記事につづきます。