世界を旅してまわる東京OLのブログ。

死海で女性自身を読む宣言して世界をまわる、旅の記録です。

【ネパール】カトマンズでインドビザ取得申請をしてきた話

スポンサーリンク

f:id:magicalmysterytour2019:20190705092851j:plain


わたしがネパールにやってきた理由…それはインドビザを取得するためでもあります。マレーシアでインドビザを取得しようとクアラルンプールで試みたのですが、出来ませんでした。(2013年2月においては出来ませんでした、現在については要確認です)

Google先生で調べていると、ネパールでならインドのビザを取得できると聞いて、ヒマラヤ山脈にも登ってみたいことだし行ってみよう!とネパール訪問を決めたのでした。

*以下2013年2月時点での内容です。

カトマンズの営業時間は9:30〜12:00となっていますが
職員の皆様がLAZYすぎて実際は1時間くらいしか営業しないとの噂を耳にしました。笑

よしそれだったら先頭に並ぶ勢いで臨もうではないか。
朝5時半に起きて宿をでまして、歩いて20分ほどでインドビザセンターに到着です。

f:id:magicalmysterytour2019:20190705092805j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190705092851j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190705092847j:plain


一応地図を載せておきますね。

 

ビザセンターに到着したのが6時30分頃。既に先客が1名いたのでHi~~と挨拶してしばらく英語で会話をしていたらなんと日本人ということが発覚!笑

彼もまた、このインドビザセンターの営業形態に多大なる懸念を抱いて、早起きして並びに来たのだそう…笑

少しずつ並び始める人が増えてきました。(午前7時には既に7人ほど並んでいました)ああ、やはりこのビザセンターは…苦笑

後ろに並んでいたイギリス人と世間話をしていたら、ようやく営業時間を少し過ぎた9:45頃に職員たちが面倒くさそうに出勤してきて、ビザセンターが稼働し始めたのが9:58頃。

我慢だ〜、忍耐だ〜。ここでは彼らが圧倒的存在なのだから…おとなしく良い子にしておくほか選択肢はないのだから…

f:id:magicalmysterytour2019:20190705092859j:plain


番号札を発券して、いすに座ってわりと長めに待ちます。前日にフォームを作成し出力しておいた書類を汗とともに握りながら、辛抱づよく待ちます。

わたしの番になり、ドキドキしながら書類を提出すると、職員の人は頬杖をつきながら書類を眺めて赤ペンで大きくバツを描いて、「はい、次の人〜」って…

ちょい待って!!!!!!
なにがいけなかったのかせめて、教えてくれ!!!!

コイキングのごとくジタバタしたら、住所欄に赤線を引いてくれて、日本の住所じゃなくて泊まってる宿の住所を書け、とのこと。(日本の住所でOKだった人もいるそうなので、もしかして当たった職員による…?)

ビザセンターの隣に、ビザ申請うまくいかなかった人用のヘルプ代理店みたいなところがありそこでオンライン申請をし直して、再度ビザセンターへ。

11:00過ぎにビザセンターへ戻ると、すべての窓口が閉まっている!!!
なんでや!!!!!営業時間12:00までとちゃうんかい!!

ほかの申請者たちも、なんでや!!!!ってなってました。どうも周りの話を聞いていると職員たちはチャイ休憩に入ったらしい。

うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!

しばらく待っていると職員が戻ってきて、面倒くさそうに窓口を開けて申請受付再開。
12:00少し前に2度目の申請受付をして、やっと受付完了となりました。

ビザ申請の段階から、かなり色濃くインドの洗礼を受ける形となりましたが、あと2回ここに通いようやく初日から約1週間後にインドビザを取得することができました。

よかったあああぁあぁぁぁぁぁぁああああ!!

これでインドに行けるぞ!ということでわくわくです。
次の記事に続きます。