世界を旅してまわる東京OLのブログ。

死海で女性自身を読む宣言して世界をまわる、旅の記録です。

【ネパール】入院生活その②/ヒンズー教のお祭りホーリーをみてきた編

スポンサーリンク

view rawgistfile1.txt hosted with ❤ by GitHub

f:id:magicalmysterytour2019:20190713205110j:plain


ネパールでの入院生活にもだんだん慣れてきましたが、やはり点滴しかすることのない日々で暇で暇で仕方がありません。

f:id:magicalmysterytour2019:20190713205217j:plain




入院していたある日、その日はインドやネパールでおこなわれる「ホーリー」と呼ばれるお祭りのある日でした。

ホーリーとは、老若男女問わず人々がカラーボールを投げ合ったり、絵の具や水をぶちまけ合うことで、街も人もスーパーカラフルになるお祭りです。

ポカラの静かな療養地の外国人入院患者は、外に出たくてたまらないわけです。

ということで、グプタ先生に外出許可をもらいに、点滴をつなげたまま先生の部屋へ行き直談判です。

私「グプタ先生、ホーリーを観に外へ行きたいんですが、だめですか?」
グ「うーん、そうだね…でもせっかくネパールに来てくれたわけだしね。水をぶっかっけられないようにね、いってらっしゃい!にこっ」

…グプタ先生!!!!まじさんきゅう!!!!

その後グプタ先生の助手が病室まで来てくれて、点滴の針を抜いてくれ(出血を伴う)ナップザックを背負って病院を出発!

前日にお菓子を買っておいたので(これに至っては完全に無許可で病院をこっそり抜け出して、近くの売店で買いました笑)それをしっかりナップザックに入れておきました。

f:id:magicalmysterytour2019:20190713205150j:plain


外に出ると早速、イッヌ先輩が!ムラサキペイントをかぶっている!

f:id:magicalmysterytour2019:20190713211320j:plain


カラーボールや色粉をよけながらよろよろと街を歩きます。みんなの顔や身体にカラーペインとがつきまくってるの、分かりますか?

f:id:magicalmysterytour2019:20190713205335j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20190713205306j:plain


一戦交えてきたと思われるおじちゃん。良い笑顔!

f:id:magicalmysterytour2019:20190713205110j:plain


ポカラの女の子たちもペイントまみれで良い感じ!アイラブポカラ!!

f:id:magicalmysterytour2019:20190713205103j:plain


入院患者は体力が落ちているので1時間半ほど街を観て回って、よろよろと病院へ戻りました。

しばらく休んでいたら病室にグプタ先生がやってきました。

私「外出許可ありがとうございました。お祭り観れてよかったです。」
グ「せっかくだからね、たのしめたみたいで良かった」
私「ところで先生、わたしいつ退院できますか?」
グ「明日かあさってかな?」
私「やった!退院したらすぐヒマラヤに登るつもりなんです!」
グ「良いね、風邪をひかないようにね。」

翌日、退院できることが決まりその日のうちに退院をし、宿に戻りました。

よっしゃ!明日からヒマラヤトレッキングいったるでー!!

次の記事につづきます。