世界を旅してまわる東京OLのブログ。

死海で女性自身を読む宣言して世界をまわる、旅の記録です。

【インド】コルカタ、カーリー寺院を訪れてすごい暗い気分で帰ってきた編

スポンサーリンク

f:id:magicalmysterytour2019:20190821083355j:plain


こんにちは!コルカタで人間不信に陥りながらもたくましく前進してゆく他ないもろきちです。

コルカタ滞在中、コルカタで一番有名なヒンズー教の寺院である「カーリー寺院」を訪れました。寺院内では、道を尋ねるだけで「バクシーシ」(良く言えばお布施みたいなもの)を求められます。100ルピーとか。日本円で200円弱。もちろん何言ってんだってことで支払いはしないのですが。

寺院周辺の写真でございます。

f:id:magicalmysterytour2019:20190821085602j:plain

 

こちらがトップ画にもしています、カーリー寺院です。ころっとした形でカラーも素敵な建物ですね。

f:id:magicalmysterytour2019:20190821083355j:plain


実はこちらでは、ヒンズー教の女神であるカーリーに毎日黒色の子ヤギを生け贄に捧げる、ということをやっていまして。一緒に同行した旅仲間がそれを見るというので、少しだけわたしも拝見したのですがあまりに衝撃的な光景で、ひどい動悸に見舞われ途中でその場を立ち去ることになりました。。

ううう…。申し訳ないけど…ヒンズー教のことは好きになれない…

ううう…。聞いたところによるとヤギの生け贄はイスラム教でのお祭りの「エイド」でも取り行われるそうで、ううう…。


宗教によって考え方は確かにさまざまあることは分かるんだけど、でも、生け贄って、、どうしても必要…?


ヒンズー教の女神様、カーリーが宿っているという寺院の黒い石を眺めて、なんとも言えない気分になった後、少しでも子ヤギたちが浮かばれるよう願いをこめてオレンジ色の献花を買いお供えしました。

相当に暗い気分で寺院を後にし、近くの食堂でローカルフードをいただくもあまり喉を通らず。

f:id:magicalmysterytour2019:20190821083408j:plain



はあ…。なんか魂が傷ついたような気がする。心とかじゃなくて、魂が傷ついた…。旅をしていると本当にいろんなことがある。

次の記事につづきます。