世界を旅してまわる東京OLのブログ。

死海で女性自身を読む宣言して世界をまわる、旅の記録です。

【インド】バラナシで出会う人たちの個性が強すぎる編

スポンサーリンク

view rawgistfile1.txt hosted with ❤ by GitHub

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194312j:plain


バラナシへやってきた編でございます。(写真は掲載許可一応とってあります)

バラナシでの日々はわりと穏やかで、滞在中の過ごし方はなんとなくルーティン化してきました。

その内容はというと、

まず目が覚めたら顔をバシャバシャと洗い、近所のチャイ屋さんに行きます。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194529j:plain


一杯5ルピー(約8円)のチャイを飲みます。熱々甘々でもう幸せいっぱい。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194904j:plain


インド人に混じってチャイを飲み終えると、ガンジス川のほうに向かって道をくだって歩いていきまして、

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194552j:plain


(ときどき牛さんの大群とすれ違ったりします。)

f:id:magicalmysterytour2019:20190903195427j:plain


ガンジス川を眺めて「ああ、今日もこの川は森羅万象、いろんなものを含みながら流れてるな。」と心穏やかになるわけです。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903195609j:plain


沐浴、わたしは肩まで浸かる勇気はないなあ…なんて思いながら。

そしてここに座ってまる1日ぼーっとしているわけです。
そうしているといろいろな出来事があります。

同じ宿に韓国人の男の子が泊まっていて、「あ〜もろきち、こんなとこにいたんだ」と隣に腰をかけ、あーでもないこーでもないと雑談をしていたら

ピカッ

と視界の隅の方でフラッシュ?のようなものが光った気がして。

その方を振り向いたら、インド人がわたしたちの写真を撮っている。やましいことでもあるのか、カメラをその場でサッと隠す。下の写真の黄色い丸のおじさん。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903193921j:plain

「なになになに〜〜〜〜〜?!?!?!なんでいまカメラ隠したの〜〜〜!?」と突撃してみた。

おじさん「え、なんも撮ってないしなにも知らないけど」

f:id:magicalmysterytour2019:20190903193627j:plain


おじさん「だから何も知らないって、しつこいぞコラ」

f:id:magicalmysterytour2019:20190903193552j:plain


「…ニカッ」

f:id:magicalmysterytour2019:20190903193600j:plain


なんて会話をしていたら仲良くなってしまって、ついにカメラを見せてくれた。

しっかり撮ってるじゃねーかよ。笑

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194059j:plain


なんてやっていたら、いきなり関西弁で「今日うちんちでな、ビールパーティあんねんけど、けーへん?」と話しかけてくる知らないインド人たち。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194216j:plain


きみらだれやねん。


「おれな、携帯の待ち受け、自分にしてんねん、ええやろ」って言って携帯を見せてくる。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194436j:plain


なんでなん。

f:id:magicalmysterytour2019:20190903194312j:plain


もう加工がすごすぎて、いろいろあれだし、そもそもきみ、だれなん?


このようなキテレツなことが頻繁にあって、バラナシでの日々は穏やかなようで、とても濃厚でございます。

でも、わたしとってもインディアすきよ。

粛々と、次の記事につづきます。