世界を旅してまわる東京OLのブログ。

死海で女性自身を読む宣言して世界をまわる、旅の記録です。

危険?安全?カウチサーフィンって実際どう?女ひとり旅で利用してみました。

スポンサーリンク


f:id:magicalmysterytour2019:20190926162633j:plain

 

カウチサーフィン(Couch Surfing)について


カウチサーフィン、というサービスをご存知でしょうか。旅好きな方は一度は聞いたことがあるサービスかもしれません。このカウチサーフィン、簡単にいうと「無料で現地住居に宿泊することができる」サービスです。

旅を長くしていると、どうしても経済的な負担が大きくなったり、ゲストハウスやホステルに泊まるのはいいけれど、ローカルな暮らし文化にあまり触れられない、といったことがどうしても出て来るかと思います。

そんな時に利用できるのがカウチサーフィン。何度か利用してみましたので、その感想等かいていきたいと思います。
 

個人的にはメリットの方が多いと感じています。


率直に個人的な意見ですが、自分の体験を振り返るとメリットの方が多かったな、と感じます。(あまりよくない体験も多少はありましたが…)

 

まずはメリットその①!ローカルな暮らしを体験できる。


カウチサーフィンを利用することで、ローカルな暮らしを体験することができます。わたしにとってはこの点がいちばん価値のあることに感じられ、何度も利用することになった大きな理由のひとつです。

たとえば、ドイツの本場クリスマスマーケット巡りをしたときに、現地の方のご自宅に泊めていただきました。

まるで映画の中のようで、ドイツのシンプルな朝食に感動したり、クリスマスのムードが漂う住宅街の雰囲気を楽しんだり、ヨーロッパのおしゃれな天窓から星を見たり。忘れることのできない経験となりました。また、同じタイミングでステイしていた外国人と朝まで話し込んだり。

f:id:magicalmysterytour2019:20190926173428j:plain

メリットその②!宿泊をきっかけにホストと友達になれる。

自宅に泊まることによって、ホストと友達になれる!なんてこともよくあります。帰国後も連絡をとりあって、「日本にきたらうちに泊まりにきてね!」とその後も良好な関係を築き、人脈を広げられるのもカウチサーフィンの良いところですね。わたしもいまだにカウチサーフィンがきっかけで良いフレンドシップが続いているフランス人の友達がいて、よくチャット等しています。

メリットその③!諸々の費用を抑えることができる。

結構リアルな話にはなってくるのですが、無料で泊めていただくことによって宿泊費を抑えることができます。旅行者にとって、経済的負担は大きなイシューですからね。。宿泊時、ありがたいことにお食事を出してもらえることがあるのでそういった場合は食費も抑えられるのは嬉しいポイントかもしれません…!

とは言え、自宅を訪れる際にお土産を持っていったりするケース等もあるかと思いますので費用については一概に言えない部分が大きかったりするのですが。でもやっぱりお土産を持っていってホストに喜んでもらえると嬉しいものですよ。♪( ´▽`)


もちろんデメリットも。危険が伴う場合もあります。


世の中には変な人や、よからぬことを考える人が結構いたりするので、危険が伴うこともあります。無料サービスなので、その辺りはきちんと理解をしておく必要があるかなと思います。

わたしもそういったことがあり、トルコに滞在したときに夜中に家の住人の方に身体を触られそうになったことがありまして。とっても怖くて、その次の日から一言も話さなくなり、最悪な空気感でそのおうちを去るということが。

カウチサーフィンはプロフィールから、登録者についての【リファレンス】が見れるようになっているので、「この人がどんな人か」はあらかたリファレンスで把握できるようにはなっています。

ちなみにリファレンスでは、その登録者とのステイを評価することができ

  • Positive
  • Neutral
  • Negative


上記3つで評価をします。正直なところ、Positive以外が一つでもついている登録者はあまりおすすめできないかな、という印象ではあります。。

ステイのリクエストを送る前にしっかりプロフィールを読んでおいて、リスク回避に努めることをおすすめします。

 

カウチサーフィンについて:まとめ


カウチサーフィンは、上手に利用をすれば、忘れられないような素晴らしい体験をすることができるサービスです。どんな人に巡り会うことができるのか、縁が左右する部分も大きいのですが、利用時にはしっかりと相手ホストのプロフィールを読み込んで、未然に危険を防く心がけが大事だと思います。

せっかくの面白いサービスなので、気になる方はチェックしてみてくださいね。