世界を旅してまわる東京OLのブログ。

死海で女性自身を読む宣言して世界をまわる、旅の記録です。

【トルコ】いざトルコへ渡航!カウチサーフィンも初体験。編

スポンサーリンク

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092038j:plain


インドから一時日本へ帰国をしておりましたが、またまた海外ぐるり旅再開でございます!

ということで次はドバイを経由し、トルコが首都イスタンブールへ向かって参ります。今回は関西国際空港から搭乗〜!

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092042j:plain


今回、憧れのエミレーツ航空に搭乗。
ずっと乗ってみたかったのよ、エミレーツ。テンションが上がりまする。関西空港からドバイまでは約5時間半のフライトになります。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092103j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092038j:plain


搭乗すると、美しいCAさんがやって来てハーブの蒸しタオルを配ってくださいます。搭乗されているCAさんの中には日本人CAさんもいらしたので、英語が不安という人も安心です。

そしてそして機内エンタメが充実しています。さすがエミレーツ先輩。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092025j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191106091943j:plain


機内食はこんな感じ。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092024j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092115j:plain

 

和食とイタリアンとで選べて、和食にしてみました。隣の人はイタリアンにしててペンネとかが入ってて美味しそうでした〜!

お腹がすいたらカップ麺などのスナックをサーブしてくれるし、機内はおやすみモードになるにつれて天井がプラネタリウムになるし、素晴らしいです。

わたしはというと眠れそうになかったので、音楽を聞いたり映画を2本観て過ごしました。真夏の方程式ちゃんと観たの初めてだった〜〜!

真夏の方程式のクライマックス、というときに飛行機が着陸。なかなか忘れられないクライマックスシーンでしたよ。

ドバイ空港到着。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092201j:plain

ドバイ空港で4時間ほどトランジット。トランジットを待っている間、少しお腹がすいたのでレストランでグリルフィッシュを食べました。これで2500円ほど!高い〜〜〜!

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092155j:plain


レストランのウェイターの人にチップを要求されたんだけど、アメリカドルも現地通過も持っていなかったので、ポケットに入ってた500円玉を渡したら物珍しそうに眺めて嬉しそうにポケットにしまう彼。

満面の笑みでGOODのサインをして、仕事に戻って行かれました。

さて、約4時間半のフライトにてイスタンブールのアタテュルク国際空港へ。長い道のりだった〜。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106121551j:plain


さてはて、今回はなんと初カウチサーフィンを利用することになっており、ホストの方のお家を目指して参りまする。お家は市街地からメトロで30分くらいのダルシャファカというエリアにあるそうです。

まず空港からバスで市街地へ…そこからメトロに乗って…さらにバスにのる…
無論、迷子になりました。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092217j:plain


なんかよくわからなかったので、もう諦めてタクシーでホストのお家まで行くことに。タクシーで4000円近くかかってしまった…けどヘトヘトだったから仕方ない。

ホストの方のご自宅はこんな感じのアパートメント!

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092316j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092258j:plain

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092643j:plain


入り口にはねこにゃんがおりました。前髪センター分けみたいな感じでかわいいなねこにゃん よ。

はじめてのカウチサーフィンでドキドキしながらも、ホストの方にご対面&ご挨拶。
シャワーを浴びて、イスタンブールはこのスポットは見ておいた方がいいよ〜と諸々アドバイスをもらったのち、早めに休息をとることに。

f:id:magicalmysterytour2019:20191106092244j:plain


ひとまず休むことができて安堵の瞬間。目を閉じたらあっという間に眠ってしまいました。

次の記事につづきます。